さいたま市バスケットボール協会トップページ>> お知らせ

シニア男子の試合組み合わせについて

 当協会では生涯バスケットを目指しており、当該年度中に満40歳に達する選手はシニア部門での登録ができます。
 もともとシニアはどちらかというと親睦を深めることが主でしたので、かなりゆったりとした試合が楽しめていました。
 しかし、近ごろでは、ぞくぞくと(?)新たなシニア選手が登場してきており、年を経るごとに、「シニアの新人」と「年季の入ったシニア」とでは、とりわけシニア男子の部においてプレーの質に大きな差がみられるようになっています。
 そこで協会では、そのあたりを観察し、ゆるやかな二部制を想定したうえで、前の大会の戦績を参考にして入れ替えを図り、なるべくチーム力が拮抗するような組み合わせとしています。
 ゆくゆくは二部制にしてはとか、一般と同様のトーナメント方式にしては、といった提案が寄せられていますが、チーム数も多いうえ、親睦を深めることを意図した1日2試合方式も捨てがたく、今後の課題としていきたいと思います。

投稿日:2016年4月23日